2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ウィーンと言えば・・
- 2007/12/05(Wed) -
uinna-syunitteru


                     1949年のイギリス映画の「第三の男」で、主演者も食べたであろう
                     ウイーン名物「ウィンナー シュニッツェル」 ワラジを
                     連想したのです 勿論牛肉でしょうね じゃが芋も
                     持て余すほど付き ため息つきながら 大食いの私でも
                     半分をやっとでした(苦笑)
                     レモン汁をかけてくれたコーラスのお姉さま kimikoさん
                     いつも隣で練習してくれますので頼りながら歌ってます(^0^v)♪
daisann1


                     キャロルリード監督作品「第三の男」のラストシーン
                     はここです 門はなく中の並木だけですが
                     そのシーンと↓の観覧車だけ記憶にあるのです
                     49年作ですから、まだ映画見る年でなない
                     どうして記憶あるのか・・・
                     わけもなくここを見たくて、添乗員さんとふたりで行った
                     ここは、ウイーンの郊外「中央墓地」
                     広大です 有名過ぎる音楽家のお墓には花がこぼれん
                     ばかりでした      

daisann2


                    観覧車の全景は工事中で撮れない うぅ・・残念
                    乗れたのですからいいとして これも何故か有名な場面らしい

daisann3

 
                    そして、ウィーンの街にある玩具屋さん
                    このお店の前には映画に出る 木で作った本物そっくりの
                    バイクがあったのです 過去形にしたのは 
                    3日もウィーンに居たのに、たった一回だけお店の外に
                    置いてありました
                    どうしてその時、撮らなかったのか 触ったので閉まった
                    のかな・・・みなさんどう思いますか??  

daisann5


                    この街並みも 映画のワンシーンになったそうですが
                    すっかり、変わってしまったのだそうです

                     変わってしまってもいいですね
                     好みのダンディーなお方がおりました 隣にいたいなぁ
                     夢くらいみてもいいでしょう 渋い感じについふら~~っと
                     なってしまった(爆)
スポンサーサイト
この記事のURL | 海外 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<子供 | メイン | 夕暮れ>>
コメント
hiziyちゃん -
この映画、知ってるの
若いのに、秀作なのかもしれませんね
コメントってあると嬉しいですから
全部コメント入れてしまったのよ
暇ですね

へへ カズさんにはかないませんよ
安心してくださいませ☆☆☆三ツ星でしょ(笑)
2007/12/06 22:18  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

小紋さん -
そうね実行あるのみ
以前ですが、80代の方が二人
参加してました
なんとかなるのです しっかりしますしね
それは言えます しっかりならざるをえないのよ
それもいいでしょう(^^) 
2007/12/06 22:11  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

けいさん -
重いかな 没のして軽くしますね
もう、取って置くこともないし そうしますね

異国はいいですよ
わが国はどこも同じに見えてもう
行く気持ちになれない 変ですね
いいところ観つけて・・
やっぱり、異国がいいなぁ
おかしいかなぁ
2007/12/06 22:06  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

われもこうさん -
ラストシーンを見たくて
6人と別れて添乗員さんと二人で行ったのよ
行ってよかったの
お墓は、二度目ですが 初めての時は
夢中でしたから ただ あったなぁだけ
今回、こころゆくまで眺めたのね
わがままいって押し通してよかったなぁ

そうね あの音色がね
見なくちゃね ラストだけじゃねぇ^^
2007/12/06 22:02  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

 -
みかんさん

ウィーンは、ドイツ語圏です ドイツにもあるんpではないでしょうか
映画ですか
わたしも、見てるのですが 物語は?ですよ
映画館で見たのでしょう
DVDなんてないのですから
アントンカラスでしたかチターも物悲しい音色は
今でも歌えます タンタタンタター タタター タン チィン
ラストシーンは、どうして女性が歩いてきたの・・・
2007/12/06 21:55  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

君平さん -
ウィーンといえば,どこか近寄りがたいように
思えたのですか
それはないです
ウィーンの語源はワインだそうです
楽しく暮すことに一生懸命に見えます

ハプスブルグ家は、戦争は弱く
婚姻で国を広げたのです 戦うのが弱くとも
国が広がるっていいやり方ですね
それは、陸続きだから出来たともいえますね
2007/12/06 21:47  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

こんばんは☆ -
 いよいよウィーンですねぇ~!^-^*/
とにかく見ているだけで、景観が美しいので楽しいです♪
 「第三の男」懐かしいですぅぅぅ・・・
ワラジお肉ですね!外国はダイナミック!ハハ。。。
 素敵な紳士もいらっしゃるようで、他の眼の保養にも
なるんですね。^-^
tonkoさん、たくさんのコメをありがとう♪
2007/12/06 17:57  | URL | hiziy #-[ 編集] |  ▲ top

今日は! -
今日は入れるでしょうか?入れたら嬉しい。。。
日本から1歩も出たことが無い私、憬れの気持ちいっぱいでお写真拝見しています。
私の友人は外国へ行くと夫婦二人で一人分の食事で間に合うといっています。体格の相違でしょうね。京都の寒い一日に日本人はコート姿、外国人は半袖姿です。食べ物の違いと見ています。
2007/12/06 08:58  | URL | けいです #EJqTsdaw[ 編集] |  ▲ top

 -
メロディは直ぐ出ますが やはりラストシーンしか きおくにないです。
音楽の都 いくしかないですね。でも いきたいところばかりです。
2007/12/06 06:03  | URL | 水戸小紋 #-[ 編集] |  ▲ top

 -
哀愁のこもったチターの響きが頭を駆けめぐりましたヮ♪
今夜はずっと頭の中で響きそうです^^;
何度観たかしら・・・子どもたちの世代にはゆったりしすぎているそうです。オーソン・ウェルズの目や、光と影の使い方・・秀作です。
乗れたのですね、あの観覧車。できたら地下道も(笑) ラストシーンの並木道でオーケーです。

たたたたたーんたた~~♪
2007/12/06 00:20  | URL | われもこう #-[ 編集] |  ▲ top

 -
シュニッツェルというのは、あちこちあるのでしょうか?
わらじ(笑)、ドイツにもあったような・・・もてあまし気味のポテトも(笑)
「第三の男」は母が好きだったので、何回も見たはずです。映画館では見たかなぁ・・・音楽が有名すぎてあらすじ、覚えてるかしら?ちょっと自信がありません・・・(苦笑)
2007/12/06 00:00  | URL | みかん #iTeA9T9I[ 編集] |  ▲ top

 -
こんにちは。
ウィーンと聞くと何だか高貴な都市のような印象があります。海外の料理は本当に量が多くて、日本人にはきついものがありますよね。特にそれなりの場所に行くと、夜のコースがかなりヘビーだったりします。
林の道もちょっと日本と印象が違いますね。
2007/12/05 23:30  | URL | 君平 #3/VKSDZ2[ 編集] |  ▲ top

みのりんさん -
そう思いますか

よかったわ だから行くのです

風景だけでなく美しい方も居られます
一種の憧れもあります
日本も勿論いいです
でも~なんと言ったらいいのか
個人主義も好きなんですね
女性の確固たる生き方も きもちいいのです
2007/12/05 21:16  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

富子さん -
観覧車、今でも乗れました
電車の形で大きいのよ

ダンデー氏、いいでしょう
若い方は、それだけでいい
ここまでなると、人生の影があってよかったなぁ
現実の連れ合いは、もう×だね(笑)

ラストシーンがどうしてここなのか
わかりませんが 映画に選んだだけあって
雰囲気がありました 墓地は日本と違って
墓地らしくない 文化の違いはどうしようもないわね。
2007/12/05 20:55  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

 -
こんばんは^^
おかえりなさい tonkoさん♪
ウィーンの写真見せていただきました。
空気感が 日本と全然違うのが お写真からでも伝わってきます!いいな、、、どこに向けて シャッターきっても、
画になる街ですね。これからのウィーンphoto楽しみにしています(^^)
2007/12/05 20:17  | URL | みのりん #-[ 編集] |  ▲ top

 -
お料理のポテト、「捨て余すほど」という表現がユニークですね。おいしそうなお肉。

門と通る女性も映画のシーンの一場面みたいで写真の技術にもため息です。セピアがかってていいですね。

観覧車は大きいのでしょうか?ウィーンではいつから乗れるような気候になるのかな?観覧車の発祥地ってどこなんでしょうそういえば・・・・。
ダンディーな方に出逢えてラッキーでしたね。私はイケメンとかいう若い人よりお写真のようなゆったりとした感じのダンディーな人に魅力を感じます。素敵な歴史を持ってるような気がして・・・。
2007/12/05 17:03  | URL | 富子 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tonko2.blog15.fc2.com/tb.php/728-4dcf5642
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。