2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
湯西川温泉 旅館編
- 2008/04/25(Fri) -
bankyuumon


                       伴とは平の人という意味だそうです
                       ここ湯西川は山々に囲まれ 何にも採れそうもない
                       平家人はこんなところまで 逃げた 助けた方もいたでしょう
                       平家の重鎮もいたでしょうが
                       川伝いに 行くと湯気があった やったぁでしたでしょう
                       何もなくとも 水とお湯 まさかこれほど雪がとはおもうだに
                       しなかったでしょうが・・・

                        伴久 16代当主さんいました普通でした当たり前ですが^^ヾ
posuto


                       ばぁ~~んとした玄関を入ると太鼓が鳴ります
                       それより こちらが気になり 磨かれた現役のポスト

hasi


                       MY hasiを奨めてるとのことで こんあふうになってます

andon


                      流行のものがずら~~とです

onsen


                      お待たせ・・逢瀬の湯 よからぬ想像は止して
                      逢瀬を楽しんでください あぁ~いい湯だな あぁああ~~♪

turibasi


                      絵葉書を撮りました
                      離れの部屋に行くには この揺れる橋を渡ります
                      怖いです ほんとに・・

ebisuya


                      湯西川温泉で一番といわれる お蕎麦やさん
                      「えびすや」 兎に角 石臼でひいたそば粉です
                      ほんとにオイシイ 行かれたら 是非 お立ち寄り
                      くださいませ 保障します

                       湯西川はこれにて終わります 明日は明日の風邪が吹く^^
                       熱まで出した風邪です 丈夫なわたしが あ~ぁ つまらん・苦笑
スポンサーサイト
この記事のURL | お出かけ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<藤の花 | メイン | 春まだ浅い 湯西川温泉>>
コメント
ベルニナさん -
最中 えぇ~そんなのがあったのですか
損しちゃった^^^ヾ

また 湯西川に行く機会があったら
ちいさな 旅館にします

実は、ここ伴久 会社更生法になってるようです
足利銀行が あのようなことになった影響だそうです
その上、新ルートの道が・・工事中止です
凄い工事で 驚いたのです
いまのままでいいのに・・・山々が連なり 清い川の流れをみながら湯西川に行く これがいいのに
トンネルばかりじゃ、何にも見えなくなる..
いいのに...
2008/04/27 23:20  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

 -
こんばんはー。
プチご無沙汰です。
(って、最近こんなのが多くてごめんなさい(^^ゞ)
湯西川へ行ってらしたのですね♪
僕は去年のGWに行きましたよ~。
こんな立派な宿ではなく、小さな(でも、女将さんがとても丁寧で感じの良い方でした)旅館でした。
湯西川、また行きたいなぁと思っていたところです。
名物の最中、食べましたか?(^^)
2008/04/27 22:07  | URL | ベルニナ #-[ 編集] |  ▲ top

しーたけさん -
ここですか
思ったより、割安です
スィートなら別ですが 一般はそこは除き
具体的には13000で泊まれます
以外でしょう
泊まってください 
え~~~ぃ いらっしゃいませ~~・笑
2008/04/27 05:31  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

わぁ -
これまた素敵な旅館ですね!
こんなところに泊まってみたいです(^^)
2008/04/26 20:58  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

われもこうさん -
さくらや花はまだまだのようでした
3月30日に雪が積もったのだそうです
こんな山中に 鶏も飼えず 煙も出さず
どんな暮らしだったのか
哀しく切ない暮らしだった

といって鎌倉人もみんな殺し合いをし
亡くなってます なんと馬鹿なことしたのか・・

隠れ湯といいますか 蔓を切れば来れない
それで蔓で作ったのだとおもいます
 公だち 哀れ 須磨の嵐に
 生れしはこれか 青葉の笛
こんな、詩があります 
2008/04/26 16:40  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

やぎさん -
そうですか
旅写真・・・
そうかな わたしも少しは進歩したかしら

 ありがとうございます(v^-^v*)
2008/04/26 16:28  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

みぽははさん -
ここは、湯治場じゃない・・

春はまだでしたが 山また山の中なので
山野草の宝庫と川魚でしょうね
ヤマメやイワナ 
お米が採れない 蕎麦畑も見えない
何を食べてたのかなぁ
余り食べない生活だったと思いました
着るものはどうしてたのかしら
色々と思いめぐらされます。
2008/04/26 16:24  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

富子さん -
もう閉じるのですか
短い期間でしたね 今度は
何を・・事務処理は何のかなぁ
お元気で
ありがとうございました。
2008/04/26 16:16  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

FSK-JP さん -
車で湯西川は遠い

バスでしたが、途中でバスを変えて行きました
崖っぷちを走るのではありませんが
遠いのです 電車もありました
でも・・・一日2便でしょうねこれは想像・苦笑
だって 乗る人いない・・

冬がお奨めです 
以前はこの伴久とあとは民宿しかなかった
いまは、違いますが 
川沿いの一軒宿 そして 囲炉裏 つり橋 怖いけれど
それでよかったような気がします・・・
2008/04/26 16:13  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

優月雅日さん -
一昔は、二昔でしょうね
足で行った・・でもそれもよかったかもよ
四季の味わいを見ながら 一日かけて行く・・
いまでは、どこまでも車ですが

平家伝説はあちこちにあるといわれてますが
この辺には 何にもありません 中仙道が江戸の
名残りがあるだけです。。
2008/04/26 15:27  | URL | tonko #RgyCeBHA[ 編集] |  ▲ top

おかえりまさい -
こんばんは

桜は当分まだ~~という雰囲気ですね
吊り橋渡って温泉・・・秘境の隠れ湯でしょうか
しっとりと落ち着いたひなびていて、温泉に浸かってまんぞくまんぞくというtonkoさんのお顔が浮かびそうです^^
2008/04/25 22:22  | URL | われもこう #-[ 編集] |  ▲ top

 -
こんばんはー。
どのお写真もまさに
旅写真と言った感じで
とてもいいですね!!
2008/04/25 21:52  | URL | やぎ #9L.cY0cg[ 編集] |  ▲ top

おかえりなさい -
湯治は羨ましいイベントです。
ゆったりのんびりは最高ですね
さすが山の中今も雪が残っていて素敵な被写体ですね
高い所の好きな私は揺れる橋も好きですよ (^_-)-☆

風邪お大事にね
2008/04/25 21:35  | URL | みぽはは #YmjtW3u.[ 編集] |  ▲ top

 -
事務処理の事情があり、一度マイブログを閉じることとなりました。これからもtonkoさんのお写真は見ることが出来そうです。嬉しいな。よろしくどうぞ。
2008/04/25 20:11  | URL | 富子 #-[ 編集] |  ▲ top

 -
こんにちわ~^^
随分と由緒正しい旅館に泊まられたんですね!!
いいなぁ~。。。離れもあるんですかぁ~
でも、高所恐怖症のFSKは、この橋を渡るのに苦労しそうです(笑)

花より団子…蕎麦が気になります!! 蕎麦大好きなんですよね。毎週土曜の昼には蕎麦を食べているほどなんですよ♪

もし、行く機会があったら寄ってみますね。
それでは、素敵な週末をお過ごしください!!
2008/04/25 12:33  | URL | FSK-JP #-[ 編集] |  ▲ top

 -
18代目ですか、すごい歴史ですね。

平家のゆかりの地は いまでこそ車もバスも行けますが 一昔は徒歩でよくいけたものと思う道のりです。

五箇所村なんかもそうですね。

それだけに自然が残り 雰囲気も和めるのでしょうね。
2008/04/25 12:12  | URL | 優月雅日 #HvH//O0Y[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tonko2.blog15.fc2.com/tb.php/848-e7ca6127
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。